本データベースは、日本学術会議、財団法人 日本学術協力財団、国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して実施するデータベースです。

機関詳細

データ更新日

:2018/12/06

一般社団法人 日本原子力学会 日本学術会議協力学術研究団体 詳しくは…

種別
単独学会
ふりがな
にほんげんしりょくがっかい
欧文名
ATOMIC ENERGY SOCIETY OF JAPAN
略称
AESJ
法人番号
2010405009410
ホームページ
http://www.aesj.net/
学術研究領域
  • 総合工学
設立趣旨
公衆の安全を全てに優先させて、原子力および放射線の平和利用に関する学術および技術の進歩をはかり、その成果の活用と普及を進め、もって環境の保全と社会の発展に寄与する。
沿革
1959年 社団法人日本原子力学会 設立
2011年 一般社団法人日本原子力学会 移行
設立年月日
1959年2月14日
役員数
役員:20(人)《男性:19(人) 女性:1(人)》
会員数
【個人会員】
  • 正会員:6539(人)
  • 学生会員(大学院生):512(人)
  • 推薦会員:16(人)
【団体会員】
  • 賛助会員:222(団体)
著作権帰属先
学会
OA方針
有り
刊行物(定期刊行物のみ<予稿集除く>)
    • 誌名(和文):アトモス
    • 誌名(欧文):Journal of Atomic Energy Society of Japan
    • 創刊年:1959
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含まない)
    • 使用言語:日本語のみ
    • 発行形態:
      • 印刷体
      • その他電子体
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル]
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
    • 誌名(和文):Journal of Nuclear Science and Technology
    • 誌名(欧文):Journal of Nuclear Science and Technology
    • 創刊年:1964
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:英語のみ
    • 発行形態:
      • 印刷体
      • eジャーナル
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル]
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
    • J-STAGE
    • 誌名(和文):日本原子力学会和文論文誌
    • 誌名(欧文):Transactions of The Atomic Energy Society of Japan
    • 創刊年:2002
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:日本語(英文抄録あり)
    • 発行形態:
      • 印刷体
      • eジャーナル
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル]
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
    • J-STAGE
国内における学術連合体への加入
含まれる学術団体
-
国際学術連合体への加入
国際会議への関与
【主催】
【共催】
  • Water Reactor Fuel Performance Meeting
  • Actinide国際会議
  • HOTLAB国際会議
  • GLOBAL国際会議
  • ISOFIC原子力発電所の将来の計装と制御に関する国際シンポジウム
その他の国際活動
  • 「福島特別プロジェクト」による周辺住民の皆様への技術的支援、シンポジウム等の開催
  • 「福島第一原子力発電所廃炉検討委員会」による廃止措置への学術的提言を行うための活動