本データベースは、日本学術会議、財団法人 日本学術協力財団、国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して実施するデータベースです。

機関詳細

データ更新日

:2019/01/02

産業考古学会 日本学術会議協力学術研究団体 詳しくは…

種別
単独学会
ふりがな
さんぎょうこうこがっかい
欧文名
JAPAN INDUSTRIAL ARCHAEOLOGY SOCIETY
略称
JIAS
法人番号
-
ホームページ
http://sangyo-koukogaku.net/
学術研究領域
  • 史学
  • 地域研究
  • 環境学
  • 総合工学
  • 土木工学・建築学
設立趣旨
日本の産業と経済の発展に重要な役割を果たしてきた道具や機械、工場設備などの労働手段・技術は、生産力増強のための設備更新、新事業への転換などによっていつの間にか消えてしまっているのが現実です。多くの貴重な産業遺産が失われていく状況を憂慮した人々が全国から結集し、1977(昭和52)年、日本に産業考古学会が誕生しました。 
沿革
1977年 産業考古学会 設立
設立年月日
1977年2月12日
役員数
役員:17(人)《男性:16(人) 女性:1(人)》
会員数
【個人会員】
  • 個人会員:300(人)
【団体会員】
  • 賛助会員:5(団体)
著作権帰属先
学会
OA方針
無し(検討中)
刊行物(定期刊行物のみ<予稿集除く>)
    • 誌名(和文):産業考古学
    • 誌名(欧文):Industrial Archaeology (Sangyou Koukogaku)
    • 創刊年:1977
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:日本語(英文抄録あり)
    • 発行形態:
      • 印刷体
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル] -
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
    • 誌名(和文):産業考古学会ニューズレター
    • 誌名(欧文):JIAS News Letter
    • 創刊年:2014
    • 資料種別:その他
    • 使用言語:日本語のみ
    • 発行形態:
      • 印刷体
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    • PRINT ISSN:2188-7551
    • 発行頻度:3(回/一年あたり)
    • 発行部数:350(部/回)
    • URL:-
    [eジャーナル] -
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
国内における学術連合体への加入
-
含まれる学術団体
-
国際学術連合体への加入
国際会議への関与
【主催】 -
【共催】 -
その他の国際活動
  • TICCIHアジア・ネットワーク会議に参加