本データベースは、日本学術会議、財団法人 日本学術協力財団、国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して実施するデータベースです。

機関詳細

データ更新日

:2018/10/25

スポーツ史学会 日本学術会議協力学術研究団体 詳しくは…

種別
単独学会
ふりがな
すぽーつしがくかい
欧文名
THE JAPAN SOCIETY OF SPORT HISTORY
略称
-
法人番号
-
ホームページ
http://sportshistory.sakura.ne.jp/
学術研究領域
  • 史学
設立趣旨
スポーツ史研究領域は、近年人々の注目を集めつつあり海外ではスポーツ・体育の歴史研究に関する学会が設立されました。しかしながら、日本においては従来からかなりの研究実績が蓄積されているにもかかわらず、それが独立した学会として結実していないのが現状です。以上のような現状にかんがみ、日本における研究者相互の情報交換、研究協力を促進するとともに、いっそう斯学の発展に資したいと考え設立にいたりました。
沿革
1986年 スポーツ史学会 設立
設立年月日
1986年11月29日
役員数
役員:12(人)《男性:10(人) 女性:2(人)》
会員数
【個人会員】
  • 正会員:199(人)
  • 学生会員(大学院生):20(人)
  • 賛助会員:1(人)
【団体会員】
  • 賛助会員:1(団体)
著作権帰属先
学会
OA方針
有り
刊行物(定期刊行物のみ<予稿集除く>)
    • 誌名(和文):スポーツ史研究
    • 誌名(欧文):The Japan Journal of Sport History
    • 創刊年:1988
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:日本語(英文抄録あり)
    • 発行形態:
      • 印刷体
      • eジャーナル
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:-
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル]
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
    • J-STAGE
国内における学術連合体への加入
-
含まれる学術団体
-
国際学術連合体への加入
-
国際会議への関与
【主催】 -
【共催】
  • ISHPES Sapporo2020
その他の国際活動
-