本データベースは、日本学術会議、財団法人 日本学術協力財団、国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して実施するデータベースです。

機関詳細

データ更新日

:2018/10/29

新プラトン主義協会 日本学術会議協力学術研究団体 詳しくは…

種別
単独学会
ふりがな
しんぷらとんしゅぎきょうかい
欧文名
JAPANESE SOCIETY FOR NEOPLATONIC STUDIES
略称
JSNS
法人番号
-
ホームページ
http://jsns.jp/wp/
学術研究領域
  • 哲学
設立趣旨
新プラトン主義は、哲学等の精神文化を理解していく上で極めて重要な思想である。それにも拘らず、我が国ではこれまであまり研究されてこなかった。またその結果、研究の蓄積も少ない。そこでこの欠落を補い、我が国の新プラトン主義研究を活性化し、かつ研究レベルを国際的水準にまで高めるために本協会が設立された。特に、将来の研究の発展を担う若手研究者の育成をはじめ、研究促進や研究交流をはかることを重視している。
沿革
1994年 新プラトン主義協会 設立
設立年月日
1994年10月2日
役員数
役員:15(人)《男性:13(人) 女性:2(人)》
会員数
【個人会員】
  • 一般会員:116(人)
【団体会員】 -
著作権帰属先
学会
OA方針
有り
刊行物(定期刊行物のみ<予稿集除く>)
    • 誌名(和文):新プラトン主義研究
    • 誌名(欧文):Studia Neoplatonica
    • 創刊年:2002
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:日本語(英文抄録あり)
    • 発行形態:
      • 印刷体
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル] -
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
国内における学術連合体への加入
-
含まれる学術団体
-
国際学術連合体への加入
-
国際会議への関与
【主催】 -
【共催】 -
その他の国際活動
-