本データベースは、日本学術会議、財団法人 日本学術協力財団、国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して実施するデータベースです。

機関詳細

データ更新日

:2019/01/06

特定非営利活動法人 石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会 日本学術会議協力学術研究団体 詳しくは…

種別
単独学会
ふりがな
せきゆぴーくをけいもうしだつろうひしゃかいをめざすもったいないがっかい
欧文名
THE MOTTAINAI SOCIETY
略称
もったいない学会
法人番号
8011305001666
ホームページ
http://www.mottainaisociety.org/
学術研究領域
  • 総合工学
設立趣旨
エネルギー源は質が全てである。人は質、条件のよい、当然安いものから使う。そしてほぼ半分使い、質の悪い半分が残った。今では発見量は旺盛な需要の5分の一程度となった。その結果が「石油ピーク」である。広く一般市民に“石油ピーク”を啓蒙し、石油を大切に使う方策を検討し、その知識、知恵を広く一般に広げることによって、心豊かな社会の実現に寄与することを目的とする。
沿革
2006年 石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会 発足
2007年 特定非営利活動法人石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会 設立
設立年月日
2006年8月28日
役員数
役員:14(人)《男性:13(人) 女性:1(人)》
会員数
【個人会員】
  • 正会員:107(人)
  • 一般会員:96(人)
  • 学生会員(大学院生):2(人)
  • 賛助会員:2(人)
【団体会員】 -
著作権帰属先
学会
OA方針
無し(検討中)
刊行物(定期刊行物のみ<予稿集除く>)
    • 誌名(和文):もったいない学会WEB学会誌
    • 誌名(欧文):An Electronic Journal of The MOTTAINAI Society
    • 創刊年:2007
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:日英混在
    • 発行形態:
      • eジャーナル
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    • PRINT ISSN:-
    • 発行頻度:不規則
    • 発行部数:-(部/回)
    • URL:-
    [eジャーナル]
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
国内における学術連合体への加入
-
含まれる学術団体
-
国際学術連合体への加入
-
国際会議への関与
【主催】 -
【共催】 -
その他の国際活動
-