本データベースは、日本学術会議、財団法人 日本学術協力財団、国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して実施するデータベースです。

機関詳細

データ更新日

:2019/02/06

ハイデガー・フォーラム 日本学術会議協力学術研究団体 詳しくは…

種別
単独学会
ふりがな
はいでがーふぉーらむ
欧文名
HEIDEGGER-FORUM IN JAPAN
略称
-
法人番号
-
ホームページ
http://heideggerforum.main.jp
学術研究領域
  • 哲学
設立趣旨
当会は、1. ハイデガーの思索に関心をもつ日本全国の研究者の対話交流の場を提供し、2. 現代における哲学の意義を根本から問い直すことをその目的としている。すなわち我々はハイデガー研究の専門家集団を自ら任じて事足れりとするのではなく、寧ろ異分野へ果敢に越境しつつ、専門領域の如何を問わず、今日の我々全てにとって死活問題である様々な事柄をめぐって自由に議論を戦わせ合う者同士の連帯の輪を広げていくことを以
沿革
2006年 ハイデガー・フォーラム 発足
設立年月日
2006年9月16日
役員数
役員:50(人)《男性:45(人) 女性:5(人)》
会員数
【個人会員】
  • 会員:340(人)
【団体会員】 -
著作権帰属先
著者
OA方針
-
刊行物(定期刊行物のみ<予稿集除く>)
    • 誌名(和文):Heidegger-Forum
    • 誌名(欧文):Heidegger-Forum
    • 創刊年:2007
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:日本語のみ
    • 発行形態:
      • 印刷体
      • eジャーナル
    • 著作権帰属先:著者
    • クリエイティブコモンズ:-
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル]
    • ONLINE ISSN:1882-5583
    • 発行頻度:1(回/一年あたり)
    • URL:-
    • アクセス制限:無し
    • オープンアクセス:-
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
国内における学術連合体への加入
-
含まれる学術団体
-
国際学術連合体への加入
-
国際会議への関与
【主催】 -
【共催】 -
その他の国際活動
  • 韓国からの講演者招聘(2015年9月第十回大会時)
  • ドイツからの講演者招聘(2016年9月第十一回大会時)
  • ドイツからの講演者招聘(2017年9月第十二回大会時)