本データベースは、日本学術会議、財団法人 日本学術協力財団、国立研究開発法人 科学技術振興機構が連携して実施するデータベースです。

機関詳細

データ更新日

:2019/11/18

一般社団法人 日本赤外線学会 日本学術会議協力学術研究団体 詳しくは…

種別
単独学会
ふりがな
にほんせきがいせんがっかい
欧文名
THE JAPAN SOCIETY OF INFRARED SCIENCE AND TECHNOLOGY
略称
JSIR
法人番号
4120905005375
ホームページ
http://www.jsir.org/wp/
学術研究領域
  • 環境学
  • 数理科学
  • 物理学
  • 地球惑星科学
  • 化学
  • 総合工学
  • 電気電子工学
  • 材料工学
設立趣旨
赤外線領域の研究は,古くは約200年前にまで遡ることができる.それは理学・工学などの各研究分野の発展と相俟って進歩し,最近では,新素材,半導体,エネルギー,通信,宇宙,環境,食品,医療など社会の基盤となる先端技術から日常生活に直結する分野まで広く活用されており,その発展が益々期待されている.赤外線に関わる方々の共通の広場として,「一般社団法人日本赤外線学会」を設立した.
沿革
1970年 赤外線技術研究会 前身
1991年 日本赤外線学会 設立
2016年 一般社団法人日本赤外線学会 移行
設立年月日
1991年7月19日
役員数
役員:16(人)《男性:16(人) 女性:0(人)》
会員数
【個人会員】
  • 正会員:164(人)
  • 学生会員(大学院生):33(人)
  • 永年会員:31(人)
  • 功労会員:13(人)
  • 名誉会員:7(人)
【団体会員】
  • 賛助会員:19(団体)
著作権帰属先
学会
OA方針
無し(検討中)
刊行物(定期刊行物のみ<予稿集除く>)
    • 誌名(和文):日本赤外線学会誌
    • 誌名(欧文):Journal of the Japan Infrared Science and Technology
    • 創刊年:1991
    • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
    • 使用言語:日英混在
    • 発行形態:
      • 印刷体
      • eジャーナル
    • 著作権帰属先:学会
    • クリエイティブコモンズ:定めていない
    • 購読:有料
    [印刷体]
    [eジャーナル]
    • ONLINE ISSN:-
    • 発行頻度:2(回/一年あたり)
    • URL:-
    • アクセス制限:有り
    • J-GLOBAL資料
    • J-GLOBAL文献
国内における学術連合体への加入
-
含まれる学術団体
-
国際学術連合体への加入
-
国際会議への関与
【主催】 -
【共催】
その他の国際活動
-